パートナーインタビュー

新着

沼舘 泉希さん

新宿ルミネエストでアパレル販売

前職アパレル販売員。現ブランドの店長の接客に感銘を受け、「このブランドで働きたい」という強い思いから、転職を決意して就業中。

これまでとは違うブランドで働こうと思ったきっかけを教えてください。

理由は2つあります。ひとつは、ゆくゆくは本社スタッフになりたかったのですが、前の職場では先が見えないなと思ったことです。もうひとつは、以前、今のお店で店長さんから接客を受けたことがあって、その方の接客に感動したんです。初めて店員を通してブランドの存在を知ったお店で、その店長を「かっこいい!」と思って、私もここで働きたい!このブランドを広めていきたい!と思ったんです。

それで求人を出していた弊社にお越しになったのですね。担当スタッフの印象はいかがですか?

連絡をマメにくださって、いつも気にかけてくださっています。また親身になって話を聞いてくれます。実は担当スタッフさんは元アパレル販売員で、しかも私の前の職場と同じ企業なんです!ブランドは違いますが、同じ企業だからこそのあるある話があって、最初にお会いしたときにその話で盛り上がりました(笑)

お客様から評判が良いと聞いています。仕事の中でどんなことを意識していますか?

とにかくこのブランドを広めたいという思いが強くあります。だからこそ、来てくださったお客様には、ただ買い物をして終わるのではなくて、「+αの満足を持って帰ってもらえるように」という思いで対応しています。「+αの満足」は、例えば「あのお店、楽しかったな」とか「この服、大事に着よう」とか「あのお姉さんに聞いて良かった」とか、そういう気持ちです。良い意味で、販売員らしくない接客を目指して、お客様がお話を楽しんでもらえる接客を心がけています。

逆に大変だと感じる点はありますか?

数字の面ですね。今の職場はお客様に対しての最初のお声がけがとても早くて、けっこうガツガツと提案する販売スタイルが強いんです。私がやりたい販売スタイルとは少し違いがあって、時々、お客様への対応に迷ってしまうことがあります。ブランドの方向性もわかるのですが、自分らしさとのバランスが難しいと感じることがあります。

今後はどんなふうに働いていきたいですか?

先日、派遣から社員になるお話をいただきました。私、店長をやりたいんです。そして本社で働きたいです。これは、最初からずっと言っていたことで、今も変わりません。社員になったら一層、責任が求められます。ですので、もっと意見を言っていきたいとも思っています。このブランドはまだまだ店舗数が少ないのですが、もっとブランドの良さを広めていきたいです。

やりたいことが明確ですね。中にはアパレル販売員としてやっていくことに自信が持てない方や人間関係に悩む方もいます。何かアドバイスをいただけますか?

仕事をしていれば、店長や先輩から、厳しいことを言われることはあります。言われた瞬間は、つらかったり嫌な気持ちになるかもしれませんが、後まで引きずらず、気持ちを切り替えられるようにすると良いと思います。人間関係については、やっぱり言葉にしないと伝わらないのではないでしょうか。店長がこわい、先輩が苦手などあるかもしれませんが、私は、良いところがない人は絶対にいないと思っています。あとは・・・悩んでいる人がいたら、私のところに来てください!(笑)

最後に、これからアパレル販売をやってみたいと思っている方達へメッセージをお願いします。

やりたいと思ったらやるべきです。私は身長がすごく低くて、自分のスタイルや見た目に自信が無くて、「私にできるのだろうか」と思っていました。でも実際は『人間性』『心』が大事だと気づきました。本気でやりたいと思うならやるべきだと思います。そして、やりだしたら、自分のやる気ある姿勢を見せる。自分のやる気を相手に伝えることも大事です。相手の目を見る、返事をする、あいさつをしっかりする、といったことでもちゃんとやっていけば相手に伝わっていくと思うので、ぜひやってみてください。

あなたもキャリアコンサルティングのアパレル派遣で仕事をしてみませんか?

アパレル職のパートナーインタビュー

アパレル職のパートナーインタビュー一覧へ